皮膚科専門動物病院の獣医師が開発した Skin care & Supplement ドクターズ スキンケア&サプリ

  • 00003
  • 00003

ヒーリングケアLFプラス
心因性対策のリラックス系サプリ

¥5,700(税別)

購入数

アレルギー対策も痒み止め治療も効かない「心因性」には 唯一無二のヒーリングケアLFプラスが有効

本当は痒くない?「気にしすぎ」が悪化要因 心因性対策のリラックス系サプリ

一般診療で見落とされる3つの理由

難易度の高い診断

検査方法がない

乏しい治療経験

命に関わらないため様子見

先入観

原因はストレスで接し方・家庭環境次第

知られていない「心因性」の特徴

しつこい舐め動作 急な掻き壊し
痒み止めが効かない
アトピーアレルギーと 誤診されやすい症状
原因はストレスではない 「遺伝的性格」
癖?暇つぶし? 痒みではない「気になる」

皮膚病治療にヒーリングケアLFプラス が不可欠な5つの理由

  • アレルギーより圧倒的に多い「心因性」
  • 治療方針が知られていないため医療でのカバーが不十分
  • 成分ミルクカゼイン・L-テアニンの優れた抗ストレス&リラックス作用
  • 豊富なラクトフェリンによる抗アトピー免疫活性とリラックス効果
  • ペット用サプリで3成分を高配合しているのはヒーリングケアLFプラスだけ

ヒーリングケアLFプラスが奏功する皮膚病タイプ

皮膚炎タイプ (診断:アトピー性皮膚炎+心因性掻痒症)

症例:トイプードル
症例:フレンチブルドッグ
症例:フレンチブルドッグ
症例:シーズー
症例

性格・癖・ストレスタイプ (診断:心因性掻痒症)

症例:フレンチブルドッグ
症例:ウェスティ
症例:トイプードル
症例:フレンチブルドッグ
症例:柴犬

よくあるご質問

どの時間帯にあげればいいですか?

最も症状が強く出る時間帯の前に給与することをお勧めしています。例えば日中の留守中に手舐めが多い場合などは留守にする前がお勧めです。 実際の診療で最も多いのは「人がいる時間の暇なときの手舐め」「寝る前に執拗になめる」「夜中に起きて舐める」のため、夜ご飯や寝る前に給与することをお勧めしています。

他のお薬との併用は大丈夫ですか?

サプリメント成分のため、特別問題はないと考えています。 当院では心臓疾患、腎臓疾患、内分泌疾患、腫瘍疾患などさまざまな症例で疾患による制限なく処方しています。特別心配になるような副作用は1件も認められていません。 ご心配な方はお薬を処方するかかりつけ動物病院へご相談ください。

効果が認められるまでどのくらいの時間がかかりますか?

心因性だけの問題であれば数日~2週間で行動学的な変化が認められることが多いのですが、マイルドな変化で気づきにくい場合もあります。 中にはサプリメントを中止して悪化して(元に戻って)から効果を実感する方も珍しくありません。多くはアトピー性皮膚炎と併発しているため、アトピーの治療を同時にすることが重要です。

ヒーリングケアLFプラスは人用ですか?

安全基準や表記は人用ですが、ラクトフェリン、ラクティウム、L-テアニンすべて動物でのデータが数多くある安心成分です。 当院では犬・猫に処方していますが、獣医師である私個人も毎晩服用しています。

ヒーリングケアLFプラスは猫でも使えますか?

当院では猫にも処方していますが、同じく心因性の掻き壊し・舐め壊し(グルーミング過剰)に非常に効果があると実感しています。 むしろアトピーがほとんどない猫は心因性単独が原因になっているため、ヒーリングケアLFプラスのみで劇的に改善する症例が多いのが特徴です。

ヒーリングケアLFプラスが適応となる症例

犬の皮膚科診療に特化した動物病院

四季の森どうぶつクリニック
メディカルスキンケアセンター

〒470-1154 
愛知県豊明市新栄町1丁目179番地

0562-85-2215完全予約制

クリニックの詳細はこちら